www.realrunacademy.com

融資の利子がどこも似たり寄ったりなのは知っている事ともいえますが、実は、利息制限法と呼ばれている規則により上限枠の金利が義務付けられているからなのです。金融会社は利息制限法の規定の上限範囲内で個々に設定しているので、似た利息の中でも差があるようなキャッシングサービスを展開しているのです。それではその利息制限法とはどのようなものなのか見ていきたいと思います。まず最初に上限範囲内の利息ですが、10万円未満のキャッシングには年20%、10万円以上100万円未満は18%、100万円以上は年間15%までと設けられていて、その上限を上回る利子分は無効となるのです。無効とは払わなくて良いってことです。それでもかつては年間25%以上の金利で取り交わす消費者金融会社が大部分でした。それは利息制限法に反しても罰則規制が無かったからです。さらに出資法による制限の29.2%の利息が許されていて、その規定を改訂することは必要ありませんでした。この利息制限法と出資法の間の利子の差の箇所が「グレーゾーン」と呼ばれているのです。出資法には罰則が有ります。この出資法の上限利息の範囲は守られていたが、その出資法を適用する為には「債務者が率先して支払った」という条件です。最近、しきりにされている必要以上の支払い請求はこのグレーゾーンの利息分を過払いとして返金を求める要求です。裁判でも出資法の考え方が認められることはほぼなく、要請が認められる事が多いはずです。現在では出資法の上限の利息も利息制限法と統合され、それにより消費者金融業の金利も同じようになっていると思います。仮にこの事に気付かないまま、MAXの利息を上回る契約をしてしまった際でも、その契約自体がないものとなり、MAXの利息以上の利息を返金する必要はないでしょう。しかし、繰り返し返却を求められる場合には弁護士か司法書士に相談してください。相談することで請求されることはなくなると思います。

コンテンツメニュー

Copyright © 2003 www.realrunacademy.com All Rights Reserved.