www.realrunacademy.com

自動車を売却する場合や、さらに愛車の買取の際も印鑑証明というものがなければなりません。この印鑑証明という書類に関して解説しましょう。印鑑証明書とは実印で間違いないという事実を実証する目的を持つ書面です。これがないのであれば使っている印鑑が実印として認められているかどうかが裏付けられません。決して小さくない売買になる車両の売買のためどうしても実印が要ることになりますが、それと一緒に印鑑証明書が出てきます。役所で印鑑証明をつくるためには、あらかじめ印鑑証明をしておかなければなりません。書類に登録する印は実印と言われ唯一無二のハンコでなくてはなりません。印鑑を準備して、最寄の役所へいけば印鑑登録の手続きができます。手続きが終わると印鑑登録カードというものがもらえて、印鑑登録をした判子は実印として使えるようになったということになります。印鑑証明書を発行してもらうためには役所の担当部署へ行き専用の書類に必要項目を書いて印鑑登録カードを持参する必要があります。それに、自動交付機を使って印鑑証明書を発行してもらうことができます。印鑑証明には期限切れなどはないのです。なのでいつ取得した印鑑証明であっても証明書としての効力は持続するということです。ですが、車売却の際には効力のある印鑑証明は3ヶ月以内に発行されたものでなければなりません。普通は期限を定める必要はありませんが、車売却の際には、相手側が必須となる有効期限を教えてくれるので仮に売却を検討しているのであれば事前に用意しておくことが必要です。

コンテンツメニュー

Copyright © 2003 www.realrunacademy.com All Rights Reserved.